マンション建て替え、現実は厳しいんですね。

スポンサーリンク

こんにちは!

今朝も良い天気でしたね。

毎朝恒例のウォーキングは中止です。

今日は月に一度のマンション理事会の日のためです。

今日はそれほど議題がなかったにもかかわらず、、12時過ぎまでかかりましたね。

11時までが通常理事会で、それ以降が大規模修繕の進捗報告ですけどね。

私は立場上両方に出席しなくてはいけません。。

また、午後からは、希望者のみの参加でよかったのですが、マンション建て替えについて管理業務を委託している先がお話をしてくれるというので聞いてきました。

マンションの建て替えって、、難しいんですね。

話を聞くと、大都会にあるマンションでないと、住んでる人の負担なしでの建て替えってのはかなり厳しいという現実を知ることができました。

容積率に、坪単価、、この辺がうまい按排になっていないと、実現できないそうです。

もちろん、持ち出しをすればよいのかもしれませんが、、なかなかそんなお金はないですよね。

ですが、私の住んでるマンション、、コンクリート的には100年は持つそうです。

まぁ、その頃は、、ね(笑)

※今日は長女のバスケでクリスマス会が開催されました。

ですが、理事会等出席していたため、私が小学校へ到着したのは、15時前というほぼ終わりに近い時間でした。

朝から草刈、午後は親子バスケ
こんにちは! 今日も良い天気でしたね。 日の出と共に目が覚めたのですが、、体から汗が噴き出る暑さ。。 毎朝恒例のウォーキングは中止です。 今朝は、長女のバスケで小学校の体育館を利用させてもらっているので、恩返しの草む...

↑前回の親子バスケの模様。

一応、1試合だけの5分間参加はできたので、よかったとしましょう(笑)

ちなみに、前回の親子バスケで痛めた右手首…まだ痛いです(笑)

もう、、4か月経つのですが、、痛いです。。

今日も次女と風船でちょっと遊びましたが、調子に乗って遊んでいたら、普通に激痛が走りましたね(笑)

※今日は無事に次男はS模擬を受けてきました。

緊急手術にならなくてよかった(笑)

で、なんか面白いネタがあるらしいので聞いたら書くかもしれません。

乞うご期待!

ちょうど一年前は…
たった一度きりの人生って、「ゆず」の歌だったんですね。
こんにちは! 今日も良い天気でしたね。 毎朝恒例のウォーキングも週末はゆっくり出発なので暖かくて気持ち良いです。 でも、先週一日さぼりましたが、何日連続朝晴れてるんだろう。 日本海側の人からすれば、ありえないことです...

『たった一度きりの人生~♪』って歌のタイトルがわかった時ですね。

遅すぎですか!?(笑)

格安SIMのお話も書いてますねぇ~。

格安SIMはまだまだ浸透してないのでしょうか??

安くてよいんですけどね!

ちなみに私は↓

☆記録

今年観た映画:245本

今日のウォーキング距離:0km
今年のウォーキング距離:782km

今日のジョギング距離:0km
今年のジョギング距離:62km
※最終ジョギング日12月1日4km

今年の回覧数:69件
今年の決裁書類(判子押した数):84件

では!

コメント

  1. シャイン より:

    マンションの建て替えは、区分所有者数と議決権のそれぞれ5分の4以上でしたっけ、
    賛成がないとできないのですよね…確か??
    しかも、積立金って、それだけで建て替えるのは、
    一時的な引っ越し費用とかもろもろ諸経費考えたら、それだけでは
    無理ですよね。
    大変ですね。いろいろな事言う人もいますもんね

    • たたとあ より:

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      そうですね、お金云々の前に建て替え決議なんですよね。
      一時的な住居だけでも4,500万かかるらしいですね。。
      希望は消えましたw

  2. 「按排」…読めなかった…Σ(゚д゚lll)ガーン
    「塩梅」ならきっと読めた…
    知らないことだらけだー…
    やっぱ5才だからなぁ…

    ちなみに私,SIM替えですよ。
    SoftbankのiPhoneをY!mobileに。
    元々周りと比べたら低額だったけど,
    さらにお安くなりました☆彡

    • たたとあ より:

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      あっ、それは『変換』しまくって、横の説明でいい感じだった奴を選択しましたw
      書けって言われても、もちろん書けませんw
      さすが、ちかちゃん、目の付け所が…違うなぁ~w

      Y!mobileも高いですよw
      私にしてみればwww