• カテゴリー別アーカイブ 子育て
  • 4人の子供たちとの触れ合い

  • 睾丸が痛い(精巣捻転)

    スポンサーリンク

    こんにちは!

    今朝起きると、次男が「きもちわるい」「吐きそう」と訴えてると、妻から聞きました。

    今日は朝練があると聞いていたので、部活に行きたくないだけ(笑)かと思っていたのですが、真剣に痛かったようです。

    『どこが痛いの?』って、聞くと、パンツの中に手を入れて、『ここ』。

    いや、全然わかりません(笑)って感じだったのですが、さらに聞くと、『睾丸が痛い』と言います。

    なんだそれは?って思ったのですが、ちょっと心配になったのでググってみます。

    すると、次男の症状と合致する病名が。。

    精巣捻転
    日本泌尿器科学会より引用

    精巣捻転は、精巣がそれにつながる精索(せいさく)を軸としてねじれて血管が締め付けられるため血流が途絶し、精巣が壊死する病気です。思春期前後の青少年に多く,寝ているときに発症することが多いのが特徴です。激しい陰嚢部痛で始まり、次第に陰嚢内容が腫れてきます。吐き気や嘔吐(おうと)を伴うこともあり、症状が正確に伝えられない年少児では、「おなかが痛い」という訴えのために見落とされることがあります. 6~12時間以内に血液の流れを回復しないと精巣は壊死(えし)しますので、発症早期の診断治療が重要で医師や患者がこの疾患を念頭におくことが重要です。
    診断はドップラー超音波検査という方法で精巣への血液の流れが低下していることを確認することです。下にのべる精巣上体炎や精巣垂あるいは精巣上体垂捻転などとの鑑別が必要ですが、診断が確実でない場合は緊急手術が勧められます。
    治療は、ねじれた精索を戻して血液の流れを回復させて精巣を陰嚢内に固定することで、緊急手術として行われます。時間が経過して精巣がすでに壊死に陥っている場合は、精巣を摘出します。残った健康な側の精巣も今後ねじれないように同時に固定する場合も多いです。

    これを見るとかなりヤバそうです。

    『今日は土曜日だよなぁ~、やってる病院どこかなぁ~』ってつぶやくと、妻は、『今日は日曜日だよ!』と。。

    みんないるから土曜日かと思ってた。。

    まぁ、それは置いておいて、日曜日ってことは、休日救急しかやってないなと。

    受付8時30分~で、診療は9時から~。

    朝の6時くらいから痛くなったそうなので、6時間以内だから大丈夫そうだとか、最悪手術!?ってとこまでいろいろ考えが。。

    まぁ、さらにググると、自然に治ることもあると記載がありました。

    で、睾丸も腫れるらしく、『普通を1、一番腫れた時を10だとすると、今はどんな感じか』って次男に聞くと、『今は4』と。

    1でないなら病院だよなぁ~ってことで、病院に行く準備をします。

    スポンサーリンク

    そういえば、以前も次男は同じことを言っていた(よう)ですが、その時は、気に留めませんでした。。

    何故かはわかりませんが・・・。

    ですが、その時は4時間位で治まったそうです。

    いや、よかったって思いましたね。。

    で、妻と長女と次女はバスケの大会に行ったので、私は次男と、8時30分前に着くように出発します。

    8時30分前に病院に到着です。

    一応次男に、『今はどんな感じ?』って聞くと、『なんか直った気がする』って(笑)

    ねじれさえ解消すれば問題ないようなのですが、一応何かあったらまずいので、しばらく同伴させます。

    そうです、同伴先は、バスケの試合会場。

    たまたまですが、休日救急と千葉ポートアリーナはご近所。

    なので、そのままポートアリーナへ次男を連れていきましたとさ(笑)

    あぁ、よかった。

    ※ちなみに、男の子。

    ちょうど思春期の時期になりやすいらしく、恥ずかしがって、なかなか言わないそうです。

    なので、親が気づかないと、、この病気かなり危険です。

    では!

    興味のある方はどーぞ!
    株日記
    FX日記



    ブログランキング・にほんブログ村へ


    ブログランキングならblogram
    全般人気ブログランキング



    スポンサーリンク