次なるブームは将棋か!?

スポンサーリンク

こんにちは!

今朝は雨模様でしたね。

と言っても降ってるか降ってないかわからないくらいですが。。

ですが、濡れたくないので毎朝恒例のウォーキングは中止です。

昨日の午後、遊びから帰ってきた次男が突然、「とうちゃんに貸した、将棋の本返して!」と、

「貸した」と、「返して」と来たか(笑)

まぁ、それは置いておいて。

私は小さいときから父親と将棋をして遊んでました。

なので、自分の子どもにも同じようなことをしようと全てを整えてはあるのですが、どーも子供が興味を示しません(笑)

ですが、昨日友達と将棋をやってきたらしく、「とうちゃん、将棋やろう!」と言ってきたので勝負することに。

「早く並べてよ!」という次男に、「弱いやつが並べるんだよ!」と私(笑)

並べ終わった駒をみてみると、私の「金」2枚と、「角」と「飛車」がありません(笑)

「上等だ!」と思いましたが、「せめて角は持たせてくれ!」といい、「角」だけ追加して勝負!

話を聞くと、昨日友達のスマホで将棋をして勝ってうれしかったそうです。

ですが、私は手加減しません(笑)

「ん~、結構強くなったなぁ~。まぁ、中2だからな。」と思いつつ、駒を進めていくと、やっぱりまだまだでした(笑)

私の勝利で終わり、長男も興味を持って見ていたので、長男VS次男の勝負が始まりました。

こっちは、コマ落ちなしで。

結構長い勝負をして長男の勝利でした。

さぁ、羽生さんの本読んで勉強してくるかな。。

~~~今日の映画~~~
タイトル:ミリオンダラー・ベイビー
出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク

お勧め度:★★★★☆

あらすじ
MovieWalkerより引用

トレーラー育ちの不遇な人生から抜け出そうと、自分のボクシングの才能を頼りにロサンゼルスにやってきた31歳のマギー(ヒラリー・スワンク)。彼女は、小さなボクシング・ジムを経営する名トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)に弟子入りを志願するが、女性ボクサーは取らないと主張するフランキーにすげなく追い返される。だがこれが最後のチャンスだと知るマギーは、ウェイトレスの仕事をかけもちしながら、残りの時間をすべて練習に費やしていた。そんな彼女の真剣さに打たれ、ついにトレーナーを引き受けるフランキー。彼の指導のもと、めきめきと腕を上げたマギーは、試合で連覇を重ね、瞬く間にチャンピオンの座を狙うまでに成長。同時に、実娘に何通手紙を出しても送り返されてしまうフランキーと、家族の愛に恵まれないマギーの間には、師弟関係を超えた深い絆が芽生えていく。そしていよいよ、百万ドルのファイトマネーを賭けたタイトル・マッチの日がやってきた。対戦相手は、汚い手を使うことで知られるドイツ人ボクサーの”青い熊“ビリー(ルシア・ライカー)。試合はマギーの優勢で進んだが・・・

感想
引用先にはネタバレを含みますのでご注意を!

マギーの家族とビリーには腹立ちますが、深く考えさせられる作品です。

「生きてるってどういうこと」ってとこにつながると思います。

以前何かのテレビでみた「生きてるとは?」との問いに、「コミュニケーションできることだ」って答えてました。

なるほどって、思いましたね。

みなさん、悔いなく生きてますか?


ちなみに、この映画の佳境であるラスト15分前に長男からLINEで電話が。

出てみると、「倒れたから迎えに来て」と。

「えっ」って、ちょっとビビりましたが、体育館で卒業式の準備してる時にコケて、その後、調子悪くなったそうです。

養護の先生ともお話をし「15分くらいで迎えに行きます」って話になりましたが、道混んでて25分かかっちゃいましたね。

眩暈みたいな感じフラフラしたみたいですが、今は元気なので大丈夫です。

☆記録
今年観た映画:49本

今日のウォーキング距離:0km
今年のウォーキング距離:202km

今日のジョギング距離:0km
今年のジョギング距離:50km

※最終ジョギング日3月3日4km

では!

コメント