地区書初め展に行ってきた

スポンサーリンク

こんにちは!

今日も良い天気でしたね。

毎朝恒例のウォーキングは昨日の天気予報で最低気温が-1度ということだったので、9時過ぎから行きました。

お陰で暖かくて気持ち良かったです。ですが、公園脇の池には8割5分方凍りが張ってました。

太陽ってすごいですよね。

ウォーキングから帰ってくると、これから地区の書初め展の表彰式があるとのこと。

妻が子供会の副会長をやっていて片付け等があるらしく、かつ子供会の遠足でも、無料ご飯を頂いたので恩返しとしてちょっと行って片付けてって、軽い気持ちで行ってきました。

会場は近所の公民館です。

この地区に引っ越してきて早20年近くたつのですが、公民館の中には入ったことがありませんでした。

中に入ってみると、受付ありの、会場一面に張られた書初め。

なんか想像と違うかなりきちんとしたものでした。

子供会の会長さんが、子供たちを表彰して終わりかと思っていたのに。。

中学校や小学校の校長先生までいらっしゃいましたね。いろんな行事に顔出さなくちゃいけなくて大変ですよね。

その中で中学校の校長先生が子どもたちに質問しました。「何枚練習しましたか?」

「10枚まで」・・・シーン

「じゃぁ~50枚まで」・・・シーン

「上げそびれちゃったかなぁ。じゃ、もう1回。10枚までぇ~」・・・4・5人が手を挙げる

「50枚まで」・・・2・3人手を挙げる。

「50枚以上」・・・誰も手を上げず。

やっぱり上手な子はいっぱい練習しています。

それに比べべて、次男は・・・1枚。一発勝負です。。

長女は、2,3枚書いたのかな。全然違いますね。

あぁやって書初めを客観的に見ると、良いですね。子供の頃はやっぱり嫌でしたが、大人になるとなんでこうも変わるんでしょう(笑)

うまいなぁ~って思う字はやっぱり金賞でしたね。

表彰式が始まると未就学児、小学校1年生、2年生って、順番に表彰されます。

高学年になるにつれ、子供は来なくなるんですね。今の子供は忙しいですからね。

中学生は1人もきてませんでした。なので、校長先生が表彰状をまとめて受け取ってましたね。

表彰式をやっているとき、3人の子供を連れたおかあさんがいました。

スポンサーリンク

下の子は2歳くらいから、そして、5歳、8歳くらいの女の子。

2歳の子はやっぱりお母さん大好き!5歳の子も負けじと大好き!

2人でお母さんの取り合いをしてました。どこも変わらないんだなぁ~って。

どうやらこのおうちは4人の子供がいて全員女の子のようです。結構若そうなおかあさんなのに、余裕をもって子供をあやしてる姿が素晴らしかったです。家と大違いです。。

なんだかんだで表彰式も終わり、張られた書初めを剥がします。テープで止めてあってなかなか剥がしずらい。。

本人に返却するので、うまく剥がさないと。。って、頑張りましたが、「あれ、やぶれた。。ごめんね。。」って、心で謝罪です。

いろいろ手伝いして恩返し終了です。(自己満足ですが)

話は変わりますが、目薬の効果は、絶大です!

1日しか使ってませんが、パソコンいじったり、スマホいじったりの後テレビ見ても、目薬を使う前とは大違いです。

まだまだ検証は続きます。

~~~昨日の映画~~~
タイトル:テルマエ・ロマエ
出演: 阿部寛/上戸彩

お勧め度:★★★☆☆

あらすじ
Yahoo!映画より引用

古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが……。

感想
昨日フジテレビで放送したものを観ました。1回観たことがあったので、2回目です。

ん~、特に感想がないなぁ~。阿部寛の体は素晴らしい!位ですかね(笑)

長男も一緒に観てたのですが、眠い中頑張って最後まで観てました。

長男はただいま朝練とか言って朝5時過ぎに学校行って、夜も21時とかに帰ってきてます。

~~~今日の時事~~~
民進党と希望の党が統一会派を組むようですね。

この人たちの頭の中はなんなんだろう。折角分離してわかりやすくなったと思ったのに。

でも、選挙目当てで移った人多数ですもんね、希望の党って。

信念を持ってほしいです。政治家には。

☆記録
今年観た映画:12本

今日のウォーキング距離:4km
今年のウォーキング距離:38km

今日のジョギング距離:0km
今年のジョギング距離:14km

では!

興味のある方はどーぞ!
株日記
FX日記



ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキングならblogram
全般人気ブログランキング



スポンサーリンク