• カテゴリー別アーカイブ 映画
  • 観た映画の感想

  • ハンカチ世代と男子レスリング

    スポンサーリンク

    こんにちは!

    今日はパットしない天気でしたね。

    やっぱり太陽が出ないと寒いです。さっき洗濯物を取り込もうと触ったら乾いていませんでした。

    毎朝恒例のウォーキングもちょっと寒いです。

    ハンカチ世代と男子レスリングって意味不明なタイトルですよね。

    以前私の好きなテレビで紹介したバース・デイの録画した分を昨夜観ました。

    バース・デイお得意の戦力外通告シリーズです。

    今回は、「ハンカチ世代」最強左腕と呼ばれた男の苦悩…」(2月3日放送分)

    まず、ハンカチ世代が29歳ってことにびっくりしました。こないだ高校生だったのに(笑)

    前田健太もハンカチ世代だったんですね。もっと上かと思ってた。

    で、今回の主人公は、「乾真大」(いぬい まさひろ)選手。

    はっきり言って私は知りませんでした。

    この子は、東洋大姫路に一般入試で入ったそうです。やっぱり野球の名門校、スポーツ推薦で野球部に入った子は7割もいるそうです。

    そんな中、努力して3年生でエースの座を勝ち取ったようです。こういうことを詳しく知ってると応援したくなりますよね。

    で、甲子園では、あのマー君と対決してあと一歩のところで敗退したそうです。

    その後、東洋大学⇒日ハム(ドラフト3位)⇒巨人と進み、昨年戦力外通告。

    やっぱりこういうのを観ると、努力だけでは限界があるんですかね。

    高校時代のあの努力をもってしても、プロではダメなんですね。

    ちなみに、ハンカチ世代は96人がプロ入りして、現在もプロでいられる選手は45人だそうです。厳しい。

    その後、富山の独立リーグに行くことが決まったようです。よかったよかった。

    続いて、「男子レスリング・太田vs文田 熾烈なライバル対決」(2月17日放送分)

    日本のお家芸と言われるレスリングですね。

    東京オリンピックでは、幕張で開催されるんでしたっけ?

    その男子59kg級に強力ライバルの話でした。

    太田忍選手ご存知ですか。リオで銀メダル取ったそうです。私の記憶にはあまりないんですけどね。。

    もう一人は、文田健一郎選手。太田選手の大学の後輩です。

    スポンサーリンク

    太田選手のリオ五輪時の練習相手をしてたのが、文田健一郎選手のようです。

    それが、リオ後の4か月後には、文田選手が太田選手に勝ってしまうという波乱。

    その後の大会も、文田選手が勝つんですよね。

    でも、12月の全日本選手権では、太田選手が苦難の末に勝つ!

    これは、オリンピックまで目が離せないですよ。

    このような番組をもっと増やしてほしいな。

    しょうもないバラエティーばっかりじゃなくて。

    ~~~今日の映画~~~
    タイトル:スネーク・フライト
    出演: サミュエル・L・ジャクソン/ネイサン・フィリップス

    お勧め度:★★★☆☆

    あらすじ
    MovieWalkerより引用

    ハワイにて、手配中の有名なギャング、エディ・キムがロサンジェルスの著名な検事を殺害している現場を偶然にも目撃してしまったショーン(ネイサン・フィリップス)。薬物、恐喝、児童売春、武器売買などの容疑で追われているキムは、検事を殺して捜査をやめさせようとしていたのだ。事件を目撃した1時間後に、早くもショーンはキムの追っ手に殺されそうになっていた。ロサンジェルス大陪審の前で証言させ、アメリカの最重要手配犯を逮捕するために、危険な事件のエキスパート、FBIエージェントのネヴィル・フリン(サミュエル・L・ジャクソン)が派遣される。フリンはプライベートジェットを飛ばしおとりに使おうとするが、どの便に乗るのか空港で働く密告者がキムにもらしてしまう。この飛行機をロスに到着させないか、機内でショーンを殺すしかないキムが取った計画は、飛行機にヘビを放つことだった。あらゆる形、サイズ、毒を持つ数千匹のヘビが機内に積み込まれた。飛行機が離陸すると、タイマー式のカーゴが開き、ヘビたちが脱出。主要なオペレーティング・システムを破壊しながら、通気孔や電気配線部を通って客室に這い出すと、恐怖に慄く人々に次々と襲いかかった。ヘビたちはカーゴの中で、攻撃性を増すフェロモンを吸引させられていたのだ。ヘビの攻撃から逃れ、飛行機を無事に着陸させ、さらにショーンを無事にロスに届けるために協力してほしいと訴えるフリン。生き残りを賭け、乗務員と乗客は協力し合ってヘビから身を守ろうとするが、ヘビはあらゆる隙間から突然襲い掛かってくる。高度3万フィートの上空で、彼らは団結してヘビから身を守り、危機を脱することができるのか?

    感想
    よくこんな考えが浮かぶなぁ~。

    学者がヘビは人をそんなに狙わないって言ってるのに、バリバリ人を襲ってました。

    ある意味一緒に搭乗してしまった乗客が気の毒ですが、こんな飛行機はヤダなぁ~。ゴキブリよりマシだけど。。

    でも、最後のシーンはなんだったんだろう。

    ツッコミ所が満載の映画です。

    つじつまの合わないシーンや、ヘビが嫌いな方は観ないほうがよいかもしれませんが、何も考えずに楽しみたければそれなりに面白いと思います。

    気になったシーンとして、男性がトイレに行って用を足してる時に便器からヘビが・・・。

    あの死に方はしたくないです(笑)

    また、ごく一部ですが、子供とみると気まずくなるシーンがありますのでご注意を!

    ☆記録
    今年観た映画:40本

    今日のウォーキング距離:4km
    今年のウォーキング距離:174km

    今日のジョギング距離:0km
    今年のジョギング距離:40km

    では!

    興味のある方はどーぞ!
    株日記
    FX日記



    ブログランキング・にほんブログ村へ


    ブログランキングならblogram
    全般人気ブログランキング



    スポンサーリンク